初犬生活

初めて犬を飼いました。 ビーグル犬「リンダ」との、悪戦苦闘の日々を不定期記録していきます。現在、先天性慢性肝炎からの後天性門脈シャントと診断。病気と付き合いながら、毎日ゆるく暮らしています。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の出産記録

連続投稿でこんにちは。
寝不足&膝と足首が悲鳴をあげている飼い主です。
リンデムと娘と一緒に、騒がしくも楽しい毎日を過ごしています。(夫もいますよ)

娘が我が家にやってきて、どうなるかなぁと思っていたリンデムでしたが
リンダはほぼシカトの我関せず状態。
我慢はしてると思いますが、決して無茶を言わないので助けられています。

デムはもう嫉妬丸出し。
娘を寝かしつける為に延々抱っこしているのですが
それが気にくわなくて、私のストーカーと化して
隙あらば足に噛みついて構ってアピール。←地味に痛い

ふたりともよく我慢してくれていますので
空き時間にリンデムを構いながら、なんとか均衡を保っています。
よくある「子供と動物の微笑ましい絵面」は全く見られません(^_^;)


今日はリンデムに関係ない話なのですが
私の記録として出産した時の話を書いておきます。
自分の記録用だしとても長いので、スルーしてくれて大丈夫です。





朝7時。私は母とおしゃべりしながら糠床をかき混ぜていました。

ふと、お腹に痛みを感じました。
今まで何度も前駆陣痛がありましたが、不思議とこの日は「なんとなく違う」と感じ
もしかしたら本陣痛がきたかもしれないと、急いで歯磨きをしました。

そして、布団に横になり様子をみることに。
この日は休日で、夫はまだ寝ていました。


お腹は、少しずつですが確実に痛くなってきていました。
7時半から陣痛時間をはかりはじめると、
4分おきだったり8分おきだったりとまだバラバラ。
でも、10分は切っていました。

痛みはどんどん増してきましたが、まだガマンできる状態でした。
そのうち夫も起きてきて、痛がる私を軽く見ながら(チィッ!)
母が作ってくれた朝ご飯を食べ始めました。

この時、私はもう本格的な陣痛が来たと確信しており
「これから10時間くらいの長い陣痛と戦うんだ、体力勝負だ!」と思い
痛みを我慢しながらも、寝たまま朝ご飯のケチャップライスをかきこみました。

お腹はどんどん痛くなっていきます。
布団を握り締めて頭をかきむしり、痛みの波に耐えました。


そして9時になり、病院に電話してみることに。
痛みの感覚がまだ不規則なので(定期的な痛みがお産につながるんだとか)
引き続き様子をみてくださいと言われ、いったん電話を切りました。

はぁ…こんなに痛くてもまだ病院行けないのか…と少しがっかりする私。
そんな中で、のんきに鼻歌を歌う夫にイラつき
(レミオロメンでした。レミオロメンに罪はないけど、あのいらつきは根に持ってます)
「うるさい!歌うな!」と怒鳴りつけた覚えがあります。
ひどいですね 笑


すると、お腹の中で赤ちゃんがグググと動く感覚が。
いつもあったキックパンチみたいな胎動ではなく
出口に向かってグググっとひねりをいれてくるような動きでした。


その途端に、痛みの質が豹変。
今までは下腹部が生理痛の激重バージョンといった痛みでしたが、なんとか耐えられていました。
しかし今度は腰が張り裂けて爆発しそうな痛み。
「痛いー!痛いー!」と声を出していないと我慢できなくなるくらいでした。

10時半まで我慢しましたが、もう無理!病院行きたい!
でも電話できないくらい痛い!という事で
本当はだめなんだけど、夫に電話してもらうことに。

案の定「奥さんに電話変わってください」と言われましたが、
もう喋れない私はヒーヒーゼハーゼハーとしか言えず
その状態を聞いた病院側も、「では来てください」ということで電話を切りました。


やっと病院行ける!助産師さん助けて!テニスボール押しつけて!
(姉が昔同じ産院でお産しており、助産師さんの腰さすりがすごくうまいと聞いていた)
これで少し楽になるかなぁと、ちょっとやる気が出る私。

と同時に、初産の私はどのくらいが痛みのピークなのかが分からず
「これからもっと痛くなるの?!うそだろ?!」と絶望もしていました。
もうリンデムの様子をみる余裕もありませんでした。



夫と母が病院に行く準備を始めたのですが、
やれ家の前に某運送会社の車が止まってて出れないだの
夫が財布をどこに置いたか忘れて大騒ぎだのとなかなか出発できず 笑
というか、一番動けなかったのは私でした。

この時、痛みの波はほぼなくてずーっと痛い状態。
たまーに痛くなくなるので、その時にサササと階段を降りたのですが
降りたところから痛さのあまり動けず、
夫に引きずられながら車に乗り込みました。


それからはもう痛さのあまり大絶叫。
うぁぁーーー!とか、うぉぉーー!とか、とにかく声を張り上げていました。
まるで猛獣のようだったと思います(-ω-;)

途中で「寒い!」と言い出したらしい猛獣。
母がバスタオルをかけてくれたようですが、記憶なし…。
とにかく早く病院に行きたくて仕方がありませんでした。

すると次第に、陣痛の波と共にいきみたくなるような感覚が。
本やネットで、子宮口が開いてないと赤ちゃんに良くないからと見ていたので、
まだいきんじゃダメだ!と思ったのですが、もう何かが出てくるよ感がすごくて。
「出ちゃうー!出ちゃうよぉぉー!!」と猛獣大絶叫。


そしてやっと病院に到着したのが11時くらい。
助産師さんに引きずられながら分娩室に連れて行かれて
「診察しますねー」という声と共に着替えさせてもらったり点滴されたり。
(点滴を失敗して刺し直ししたらしいんですが、記憶無し)

結果、もう子宮口全開で赤ちゃんを包む膜が少し出ていた模様。
そのまま分娩となりました。


呼吸がうまくできず、気付いたら酸素マスクを付けられており
目を閉じていたら「猛獣さん!しっかりして!目を開けて!」と
助産師さんに励まされ、猛獣必死の開眼。
「鼻から呼吸だよ!」と言われるも、「無理ーできないー!」と絶叫。

モニターから赤ちゃんの心拍音が聞こえ
「ほら赤ちゃんの心音聞こえる?猛獣さん呼吸しないと赤ちゃん苦しいんだよ!」と言われ
死に物狂いで鼻から息を吸っては吐いて吸っては吐いてを繰り返しました。
呼吸する事がこんなにキツいとは予想していませんでした。

そして膜をやぶって破水させて、いよいよいきんでも良いとなり
(助産師さん、いつでもこ~い♪とノリノリであった)
思い切りいきむもなかなか出てこず。

何度かいきんで「上手上手!頭が見えてるよ!」と言われるのですが
「まだー?!まだ出ないのー?!」と、いちいちうるさい猛獣。
吸引道具で吸ってたっぽいのですが、結局切開する事に。

「切る?!痛い?!痛いのもう嫌!!」と、まぁーうるさかった猛獣(-ω-;)
「麻酔するから大丈夫だよ~」という先生の穏やかな声が。
そして陣痛の波が来たときに切開。
噂通り、パチンパチンと切る音が聞こえましたが、痛くありませんでした。
(麻酔してるから当たり前)


何回いきんだか覚えていませんが、切開後のいきみでようやく頭が出てきました。
「ほら~頭出てきたよ~。見える?」と言われ下を向くも
メガネをしてないのでほぼ見えず(私の視力0.01くらい)。
でも、赤ちゃんぽい物体はぼんやり見えました。 

そして頭の次に肩を出すのですが、それがまた痛い。
「イタタタターー!!」とケンシロウ風に叫んでいると
「もういきまなくていいよ~」と助産師さんに言われて
え?と思っているとドゥルンッという感覚と共に、赤ちゃんが出てきました。

そしてすぐにオギャーオギャーという声が。
この瞬間、頭を駆け巡ったのは、
妊娠した時の驚き、心拍確認できた時の喜び
安定期に入った時の安堵、入院した時の不安、辛かった入院生活、退院した日の気温の暑さ。

色々あったなぁ…と、一瞬ぼんやりしていると
「産まれた!産まれた!」と側で泣いていた夫に気付き
「あぁ~産まれたぁ~!!」と我に返り、2人で大泣きしました。


時刻は11時25分。
陣痛を計り初めてから約4時間でのスピード出産劇でした。
隣に同じくお産を控えた妊婦さんがいましたが
私のほうが遅く来たのに産まれるのは早かったそうです。
(しかもその方はとても静かだったなぁ 汗)



切迫早産で退院した時からすでに子宮口が4~5センチ開いていたというのもあり
お産が進むのが早かったみたいです。
しかしこんなに早く終わるとは、誰も想像していませんでした。
後で、経産婦だったら車内で産まれてたと言われてヒィッとなりました…。


一応、自分の中でのお産プランを立てていたんです。
陣痛なり破水なりで病院へ行きそこで
夫や助産師さんに助けられながら数十時間の陣痛を経験する。
途中でちょっとご飯とか食べたり、カイロで腰や足を温めたり
テニスボールで腰を押してもらったりしながら、子宮口が開くのを待つ。
そして分娩台では、ソフロロジーを意識してゆっくり呼吸しながらお産を迎える。

よくある流れなのですが、こんな感じでお産を進めていけたらいいなって思ってたんですね。


ところが現実は…
ご飯は寝ながらかきこみ、カイロもテニスボールも使わず
誰にもさすられる事なく横たわりながら痛みに耐えて子宮口全開となり
ソフロロジー全力無視の絶叫お産となってしまいました(-_-;)

そして夫も母も、私が出ちゃう出ちゃう叫んでるのに
「まだ出ないだろう~(心の声)」と、全く信じてくれてなかったようで。
まぁー、そりゃそうですけどもね。


といった感じで、私の初めての出産は終わりました。
ここまで来るのはあっという間でした。
楽しい事だけじゃなかったし、むしろほとんど不安ばかりな日々でした。
でも、無事に終わる事ができてホッとしています。

娘は生後2ヶ月を過ぎ、毎日立派なオナラをしながらスクスク成長しています。
リンデムと一緒に切磋琢磨しながら成長していってほしいです。


長くなりましたが、以上で私の記録を終わります。
 
スポンサーサイト
テーマ : ひとりごと    ジャンル : 日記

2015年 ダイジェスト

あぁぁっ!!という間に12月ですねぇ。
いやー、日常に追われてもう全然パソコン触っておりません 汗
余裕を持って行動するにはまだ時間がかかりそうです。

という事で、今日はズバババーと2015年にお出かけした記録を
簡潔に載せていきたいと思います。

写真を見返すと・・・・うぬ、全然でかけてない 汗
まぁ今年は色々あったんで、ヨシとしよう!うんうん!




ではまずは春!

近所の桜並木を家族みんなで見に行きました。

li0637.jpg


ちょっと天気悪かったなぁ。





今年も一緒に桜が見られました♪

li0638.jpg





僕もいるよ~。

li0639.jpg


デムって・・・なんでこう面白い顔なんだろう・・・('・c_,・` )プッ





続いてゴールデンウィーク!

アイリー家に遊びに行きました。マックスに会いたくて。。。

li0640.jpg


思えばこれがリンダとの最後の挨拶になってしまいました。





顔だけ見たら本当にいつも通りのマックスで、おやつを出せば
ビューーーーーと走ってきそうな。。。そんな顔でした。

一緒に写真も撮らせてもらいました。

li0643.jpg

li0644.jpg


この時、周りが荒ぶってましてねぇ 笑
アイリーとぽーちゃんとだーちゃんの、オレオレアタチアタチ攻撃がすごくて
マックス踏み付けられてましたね 笑





そんなオレとアタチ。

li0641.jpg

li0642.jpg


我が家はマックスとの思い出がたくさん、本当にたーーーーくさんあります。
いつも穏やかで、でもおやつを出せば飛んできて。
最初に遊んだ時は、ぽーちゃんと一緒に楽しそうに走ってた。
昨日の事のように全部思い出せます。

マックス、見てるかな?リンダは元気でやってるよ。
我が家に新しい家族が増えたんだよ。マックスにも会ってほしかったな。
今度アイリー家に連れて行くから、その時はお空から遊びに来てよ。待ってるね。




では続いてもうひとつゴールデンウィーク。

恒例の湘南しらすツアー。

li0645.jpg





ムク先輩、この日も盛大にリンダから踏み付けられてましたね。

li0646.jpg


なぜか怒らないので、安心してカートに入れられます 笑
ムクさん、いつもありがとう!





人間達はこの日も食って食って食いまくりでしたよ。

li0647.jpg


今年は生シラスを買えなかったので、来年はだっぷりと買って
心行くまで食す!と決めております。(無駄に抱負を語る)





最後に初夏。いつもの犬会です。

li0648.jpg


写真全然撮らず 笑
毎度毎度ダラダラしすぎて、写真に新鮮味がまーーたくありません 笑
暑くてね、動きたくないんですよねぇ。




と、ここでお出かけ終了ーーー。はやっ
この後わたくし入院してしまい、退院して出産して今に至るという流れでございます。
いやー、1年てあっという間ですね。


来年はもうちょっとお出かけしていけたらいいなーと思っています。
その為にも、みんなで健康第一を心がけていきます。


以上、ざっくりとした2015年お散歩ダイジェストでしたー!




いつもありがとうございます
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村

 
テーマ : 犬猫のいる生活    ジャンル : ペット

6歳のお誕生日おめでとう

あうーあうー

寝てしまったーあうー。




という事で、昨日の10月11日は、リンダちゃんの6歳のお誕生日でした!

li0630.jpg


記事は1日過ぎてしまったけれど、昨夜は楽しくお誕生日会を行いました。



今年はプレゼントを買う時間も動画を作る時間もなくて
何もしてあげられなかったので、ケーキ作りに気合を入れました。


いつもはミニパンケーキを積み上げて上に何か乗せるだけですが
今年は3段重ねで間にさつまいもとヨーグルトを挟み
さらに周りをヨーグルトでコーティングして、飾りにリンゴとさつまいもをつけて
上にかぼちゃで6の数字を描くというスペシャルバージョン!





気合だけは入ってます。気合だけは。

li0633.jpg


ただただ、センスがないだけです。

どうしてこうなった。。。もっとマシな飾りつけはできないものか。。。

でも、こんなケーキでもリンダはもう大喜びでしてねぇ。
作ってる段階からヒンヒンギャーギャーと大騒ぎでした。

その声は、

お腹に入れば一緒!

と言っているように聞こえましたよ。フフフ・・・。





今年のご飯も、特別な日だけ食べるクックンラブ。

li0631.jpg





いつもあげているハーブティーと一緒に。

li0632.jpg
(マットが汚い事はスルーしてください)


ただの水浸しにしか見えませんが、リンダちゃんは即完食でした。





そして先ほどのセンスのかけらもないケーキは
半分カットを小さめに切って献上。

li0634.jpg
(マットが汚い事はスルーしてください)





嬉しそうに食べてくれて、飼い主はそれだけで嬉しいのです。

li0635.jpg






今年はあまりおでかけが出来ず、リンダには寂しい思いもさせてしまいましたが
こうして無事元気に6歳を迎えられて、飼い主は本当に嬉しいです。

だんだんお顔が白くなってきたことも嬉しい。
一緒に年を重ねていける事への喜びを感じます。




6歳も、穏やかで変わらぬ1年になりますように。

li0636.jpg


飼い主も引き続き頑張るから、リンダも頑張ろうね!




インスタでも報告させてもらいましたが、先日長女を出産しました。
慣れない育児にあたふたしていて、リンデムになかなか時間をかけられず
我慢させたり寂しい思いをさせてしまっています。
もっとうまく立ち回れるようになりたいなぁ。



いつもありがとうございます
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村

 
テーマ : わんことの生活    ジャンル : ペット

やっとひと段落

まず始めに、御礼です。

前回の犬ブログとは全く関係ない内容の記事に対して
たくさんの暖かいコメントを送って下さった皆様、本当にありがとうございました!

おかげさまで無事退院し、新メンバーを迎え入れる準備もようやく整いました。
今のところ登場する気配はありませんが、のんびり待ちたいと思います。


現在は母が来てくれて、家事のほとんどをしてくれているので
毎日それはそれはだらしのない生活を送っています。
美味しいご飯が毎食出てくるというのはなんとありがたい事か!
私、社会復帰できるだろうか。。。汗




リンデムもすっかり母に慣れました。

リンダはもう何度も会った事があるので心配していなかったのですが、
デムは知らない人に警戒するのでどうなるかなぁと思っていました。

しかし、2~3日もすれば自分から母に近寄っていき
顔をスリスリするまでになり、ちょっとビックリの飼い主。
デムちゃん以外とフレンドリーだったのね。



今日は雨が降らないとの予報なので
少し休憩してからお散歩に行ってこようと思います。

li0628.jpg





デムちゃんはお留守番しててね。

li0629.jpg



うーん、やはり家はサイコーですな!





いつもありがとうございます
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村

  
テーマ : 犬猫のいる生活    ジャンル : ペット

すごくご無沙汰しています。近況報告です。

いやぁ…すごくご無沙汰しております。
最後に更新したのは…1月ですねぇ…ふふふ。
おや!もう9月ですか!あらびっくり!←白々しい


実はここ数ヶ月で、我が家に色々な変化がありまして。


まず、リンダとデムについてです。
Instagramにも載せていましたが、リンダは膵炎になったり
夏バテで食欲減退などが何回かありましたが
それらも無事回復し、元気に過ごしています。

デムは基本的に丈夫で病気知らず。(結石予防のフードは毎日あげています。)
かまってちゃんなのでよく噛み付いてきますが、体は元気なので助かります。



そしてここからは、飼い主の近況としてお知らせしておこうと思います。



実は飼い主、この度子供を授かりました。

発覚したのが今年の初め。
ちょうどオフ会記事の途中くらいですね。(言い訳1)

つわりは多分軽めなほうでしたが、とにかく疲れやすくなってしまい
日々の生活をこなすのにヒーヒーでした。
パソコン開く余裕もなく…。(言い訳2)

でも、仕事は休むことなく続けており
動ける範囲で動きながら、8月後半から産休に入るつもりでした。



しかし、7月終わりのある日。
健診に行くと、突然「切迫早産だから即入院!」と宣言され
あれよあれよという間に大きな病院へ救急搬送。
いったん家に帰る事もできませんでした。

それからは24時間張り止めの点滴をつけられ、ひたすら安静の指示。
やはり突然の入院は、情緒不安定になる妊婦さんが多いらしく(先生談)
今まで余裕ぶっこいていた私のメンタルも
おぼろ豆腐並みに崩れやすくなりました。

しかし、家族や友人達の励ましやお見舞いのおかげで
なんとか日々を過ごす事ができました。
家に帰りたい!てのは毎日毎日思っていましたけどね。


夫は1人で仕事と家事をこなしながら、リンデムの散歩や日々のお世話、
私のくだらない話のお付き合いと、朝から晩まで大忙し。
土日も仕事やお見舞いで、自身の身体を休める暇がなかったと思います。

それでもいつも明るく私を励まし精神的支えとなってくれた夫には
本当に本当に感謝しかありません。



そんなこんなで入院生活約1ヵ月半。
なんとか無事、来週頭くらいに退院の予定です。



んんんんんんんんんん


うれぴーーーーー!!!



ただ、早産気味なのは変わらないので
もしかしたらすぐ産気づいてまた入院するかもしれません。
できればもう少しお腹の中で成長してほしいので
退院後もしばらくは家で安静にしているつもりです。




あの日、普通に帰れると思っていたから
リンデムにはいつも通り

「じゃあ行ってくるねー。すぐ帰ってくるから待っててねー。」

と言って家を出て来ました。
それっきり帰らない私を、リンデムはどう思ってるのか。


リンダは絶対怒ってるよな…。謝らなきゃ…。

私がいなくなってからしばらくは、物音に敏感になっていたようです。
そして、隙あらば夫の膝の上に乗ってくるようになったみたいです。
寂しがり屋のくっつきたがり犬だからな…。


デムは…多分私の事忘れてるな(^_^;)
(3日いなかっただけで不審者扱いされた過去あり)

デムも寂しがり屋のかまってちゃんですが
いつもコミカルな仕草で夫を楽しませていたようです。
デムなりに家族を明るくしようとしていたのかも?(多分違うと思うけど)


たった1ヵ月半なのですが(もっと長期入院の方たくさんいます)
へたれな私にとっては長ぁーい日々でした。 
帰ったら、たくさんたくさん触れ合いたいと思います。



そんなこんなで、これからも絶賛不定期更新です。
出来るだけ頑張りたいですが、Instagramメインになるかもです。

ちなみにこの1ヶ月半の間に載せてきた写真は、実はほぼ夫撮影のものでした。
いかにも自分で撮ってる風にしててすみません(-_-;)

そしてなぜか画像がここに載せられないー。
文章ばかりですみません<(_ _)>


以上、近況報告でした!





いつもありがとうございます
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村

 
テーマ : 犬猫のいる生活    ジャンル : ペット

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

うこん

Author:うこん
★リンダ (ビーグル♀)
誰とでも穏やかに過ごせる
優しいアラフォー
基本的に無表情

★デムーロ (雑種猫 ♂)
元野良猫
チンピラ気質の甘えん坊
趣味はリンダいじめ

 
★飼い主 うこん(埼玉在住♀)
万年肩こりです

 

script*KT*
script*KT*
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
記念
2010年7月29日 受賞しました
 banner
頂きました
+Rのぷうさんより 
おひまつぶしに
リンダ御用達
リンデムご飯
お買い物

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。